広島県消費者啓発情報

消費者トラブルの悩み、まずはご相談ください
広島県環境県民局消費生活課
2021.10.22
健康・衛生・美容
商品の送り付け

国際郵便でマスクのようなものが送られてきた。

相談内容

国際郵便の荷物が郵便受けに入っていた。50枚入りのマスクのようだが,注文した覚えはない。開封はしていないが,どう扱ったら良いだろうか。自分の住所・氏名・電話番号に間違いはない。(相談者 70歳代 女性)

アドバイス

1 注文をしたおぼえがないのであれば,売買契約は成立していないので,お金を払ったり業者に連絡する必要はありません。
2 送られてきた商品はただちに処分することができます。
3 代金引き換えで配達された商品を受け取ってしまった場合,お金を取り戻すことは困難です。日頃から,「何を購入して」「いつ頃届くか」などを家族で情報共有しておき,覚えのない荷物は受け取らないようにしましょう。

広島県生活センターより

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で使い捨てマスクが入手困難になった時期に多く寄せられた相談です。
注文していない商品を事業者から消費者に一方的に送り付ける方法は,「ネガティブ・オプション」や「送り付け商法」と呼ばれています。
一方的に送り付けられた商品は,購入や返品する義務はありません。代金の請求や新たな勧誘をされる可能性があるので,業者に連絡を取らないようにしてください。
商品は,ただちに処分することができます。

請求書が入っていないマスクの送り付けに関しては,後で家族や友人など親しい方からのプレゼントであることが判明したケースもありました。心当たりがある場合は,確認をされてみることも一つの方法です。

注文していない商品を代金引き換えで受け取ってしまった場合や,不安に思われることがあったら,消費者ホットライン(電話番号:188)または県やお住いの地域の消費生活相談窓口に相談してください。

■より良いウェブサイトにするためにご意見をお聞かせください。
Qこのページの情報は,見つけやすかったですか。
Qこのページは,役に立ちましたか。
理由をお書きください。

消費者トラブルに関するお悩みはお早めにご相談ください。