広島県消費者啓発情報

消費者トラブルの悩み、まずはご相談ください
広島県環境県民局消費生活課
2022.03.25
教養・娯楽
その他
若者から多く寄せられる相談
高齢者から多く寄せられる相談

予約サイトでホテルの予約をしたが,キャンセル料金はサイトに問い合わせるように言われた。

相談内容

一昨日,予約サイトで3週間後の宿泊予定でホテルを予約したが,本日の段階で既にキャンセル料が81%もかかると知った。ホテルに問い合わせを行ったところ,その件は予約サイトに伝えてほしいと言われた。(相談者・契約者 60歳代 女性)

アドバイス

センターで当該予約サイトを確認したところ,キャンセルに関する規約(キャンセルポリシー)では,予約確認メールにキャンセル時期が記載されていました。相談者にメールを確認してもらったところ,当該サイトの無料でキャンセル可能な期限は,宿泊の19日前までとなっていたため,既に期日を過ぎていました。
基本的に通信販売の場合,解約料は,規約など定めに拘束されるので,予約前に規約をよく確認しましょう。どうしても納得できない場合は,直接運営サイト業者に問い合わせ,ご自身で交渉してみるしかありません。

広島県生活センターより

同じ宿泊施設であっても、実際の契約相手や契約内容によって、宿泊料やプラン、詳細情報、予約・決済・キャンセル方法が異なります。慎重に比較検討しましょう。
不安に思われることがあったら,消費者ホットライン(電話番号:188)または県やお住いの地域の消費生活相談窓口に相談してください。


宿泊条件が全く異なる宿泊予約サイト-
(国民生活センターホームページ)


外国の旅行会社など旅行業登録のない会社のホームページへの申込に注意しましょう。-
(一般社団法人日本旅行業協会)

■より良いウェブサイトにするためにご意見をお聞かせください。
Qこのページの情報は,見つけやすかったですか。
Qこのページは,役に立ちましたか。
理由をお書きください。

消費者トラブルに関するお悩みはお早めにご相談ください。