広島県消費者啓発情報

消費者トラブルの悩み、まずはご相談ください
広島県環境県民局消費生活課
2022.02.07
情報通信
架空請求
高齢者から多く寄せられる相談

国民生活センターから,「個人情報が洩れている」と電話があった。

相談内容

実家の固定電話に,国民生活センターを名乗って,「○○さんの個人情報が漏れています。」と電話がかかってきた。母は,自分の名前を言われたが,不審に思って,とっさに「本人は留守。自分は留守番のもの」と言って,電話を切ろうとすると,相手は,本人から電話するようにと電話番号を告げた。国民生活センターがこのような電話をしてくることがあるのか。(相談者 女性 年齢不明)

アドバイス

国民生活センターや消費生活センターが,相談をしていない方に電話をかけることは絶対にありません。相手に連絡をせず,すぐに、お近くの消費生活センター等にご一報ください。

広島県生活センターより

「国民生活センターの○○課の○○」などと,国民生活センターの職員をかたるメールやはがき、電話等に関する相談が,当センターに寄せられています。
上記の相談以外にも,国民生活センターが示談金の受け取りなどの手続きに関して相談者以外にメールや電話などで連絡をとることは絶対にありません。また、どのような名目でもお金を要求したり、預かったりすることは絶対にありません。

不安に思われることがあったら,消費者ホットライン(電話番号:188)または県やお住いの地域の消費生活相談窓口に相談してください。


国民生活センターをかたるニセのメールや電話にご注意ください-当センターが示談金を受け取るための費用を請求することはありません!-
(国民生活センターホームページ)


国民生活センターをかたる電話やメール等にご注意ください!-
(国民生活センターホームページ)

■より良いウェブサイトにするためにご意見をお聞かせください。
Qこのページの情報は,見つけやすかったですか。
Qこのページは,役に立ちましたか。
理由をお書きください。

消費者トラブルに関するお悩みはお早めにご相談ください。