広島県消費者啓発情報

消費者トラブルの悩み、まずはご相談ください
広島県環境県民局消費生活課
2022.03.25
住まい
電話勧誘販売
高齢者から多く寄せられる相談

勧誘を何度も断ったのに,電話がかかってくる。

相談内容

所有している土地にアパートを建てないか,としつこく勧誘を受けている。何度断ってもしつこく押しかけてくる。建てるつもりはまったく考えていない。セールスを止めることはできないか。(相談者 80歳代 女性)

アドバイス

特定商取引法では,訪問販売や電話勧誘販売をする事業者に対し,契約をしないと意思表示している消費者への再勧誘を禁じています。
断りの意思を表した消費者への再勧誘は禁止されていることを説明し,きっぱりと再勧誘を拒否しましょう。
それでも訪問があった場合は,日時等を書き留めておき,業者の本社お客様相談室に勧誘の断りを入れて対応しましょう。
困った場合は,県やお住いの地域の消費生活相談窓口に相談してください。

広島県生活センターより

前述したとおり,特定商取引法では、訪問販売や電話勧誘販売をする事業者に対し、契約をしないと意思表示している消費者への再勧誘を禁じています。この規定に違反した場合は指示や業務停止命令の対象となります。しつこい業者には特定商取引法に反することを伝え、不要な勧誘はきっぱりと断るようにしましょう。

なお、特定商取引法に違反する事業者については、消費者庁長官もしくは経済産業局長または都道府県知事に申出て、事業者に適切な措置をとるよう求めることができます。特定商取引法に違反する事業者を通知する方法については財団法人日本産業協会で案内を行っています。


強引でしつこい投資用マンションの販売勧誘、どうすればいいの?-
(国民生活センターホームページ)


勧誘電話を一度断ったが、その後も電話がかかってくる-
(国民生活センターホームページ)

■より良いウェブサイトにするためにご意見をお聞かせください。
Qこのページの情報は,見つけやすかったですか。
Qこのページは,役に立ちましたか。
理由をお書きください。

消費者トラブルに関するお悩みはお早めにご相談ください。