広島県消費者啓発情報

消費者トラブルの悩み、まずはご相談ください
広島県環境県民局消費生活課
2021.11.08
情報通信
通信販売・インターネット通販
若者から多く寄せられる相談
高齢者から多く寄せられる相談

スマホに25億円を援助するというメールがきた。

相談内容

スマートフォンに突然,「25億円の資金援助をします。」とメールが届き返信した。相手は,受け取るための手続き費用3000円をコンビニの電子マネーで要求したので,指示に従い電子マネーの番号を伝えた。ところが,さらに書類作成費で,合計3万円の電子マネーを要求してきた。これも指示通りにした。しかし,その後も次々と支払いを要求してくるので,不審に思い,無視することにしたが,払ったお金については返金してほしい。(相談者・契約者 60歳代 男性)

アドバイス

 クレジットカードで支払いをしている場合は,クレジットカード会社または決済代行会社に書面で事情を申し出て、対応を求めるよう助言し、契約先と交渉をします。
 電子マネーの場合,電子マネー発行会社に使用状況を確認した上で,被害回復ができる場合もあります。
 お困りの場合は,県やお住まいの地域の消費生活相談窓口に相談してください。

広島県生活センターより

 「お金をあげる」「遺産を受け取ってほしい」「高額当選した」など, 知らない人からこのようなメールが届いたら注意してください。お金を受け取るための手続きと見せかけ、実際には送金料や手数料と称してお金を請求したり、個人情報やクレジットカード番号等を盗み取る手口の可能性があります。

被害にあわないようにするためには,以下の点に注意してください。
◆知らない人からのメールは無視しましょう。
◆一度被害に遭うと,同様の手口に再度だまされてしまうこともあるので、何度も繰り返し注意をする必要もあります。

不安に思われることがあったら,消費者ホットライン(電話番号:188)または県やお住いの地域の消費生活相談窓口に相談してください。

参考情報


大金をあげる? 知らない人からのメールは無視!(独立行政法人国民生活センターのホームページ)-

■より良いウェブサイトにするためにご意見をお聞かせください。
Qこのページの情報は,見つけやすかったですか。
Qこのページは,役に立ちましたか。
理由をお書きください。

消費者トラブルに関するお悩みはお早めにご相談ください。